社会人メンターネットワークとは

トップ社会人メンターネットワークとは

実社会の経験を伝え、若い世代の考えを知る。

「社会人メンターネットワーク」とは

社会の第一線で活躍中の方、過去に職業経験をお持ちで現在は一時離職中の方、さらには定年退職された方など、幅広い年代、職種、ライフスタイルの女性に、昭和女子大学の「社会人メンター」としてご登録いただき、学生に対してご自身の職業経験、生活経験からのアドバイスをお願いするシステムです。

「社会人メンターネットワーク」のねらい

本学では、専属のキャリアカウンセラーとは別に、社会人メンターネットワークを有しています。
社会人メンターネットワークの主な目的は、「メンタリング」を通じて社会人と学生を結び付けることで、社会人は“若い世代の考えを知る”、また、学生はロールモデルとしての“将来なりたい自分に出会う”機会を得ることです。
社会人は自身の経験の振り返りを行い、学生は大学時代の過ごし方や将来に向けての明確な指針を得て、それぞれが自らのキャリア形成を考え、成長を遂げることを目標としています。

「社会人メンター」にお願いしたいこと

「メンター」とは「人生の師」を意味します。社会経験の少ない若い世代にとって将来の自分の姿を具体的に思い描くことはなかなか難しいことです。このため、社会人メンターの皆様に以下のような役割をお願いしています。
・実社会での体験を伝える存在
・学生の将来を投影するロールモデル

現在登録中の社会人メンターのプロフィール(2018年5月1日時点)

社会人メンターの方々は、30代~50代を中心とした社会人で、そのうち約80%が他大学出身者です。商社や銀行、出版、教育、建築など幅広い職業分野と、海外生活、介護や子育て経験など多彩なライフスタイルを持つ女性が在籍しています。

主な職業

  • 会社員/会社経営
  • 国家公務員/地方公務員/警察官
  • 団体職員/学校職員/NPO職員
  • 教員/幼稚園教論/保育士
  • 社会福祉士/精神保健福祉士/言語聴覚士/介護士
  • 臨床心理士/相談員
  • 管理栄養士/栄養士
  • 税理士/行政書士/弁護士/社会保険労務士
  • 建築士
  • 客室乗務員/航空地上職
  • 通訳/翻訳
  • 編集者/ライター/脚本家/アナウンサー

昨年度の実績

学生、メンターそれぞれが活発に活動しています。

参加学生数合計(のべ)2,379人
【内訳】
個別メンタリング 557人
メンターカフェ 305人
メンターフェア 1,517人

メンターカフェ開催回数 7回

メンターフェア開催回数 14回

メンター交流企画
・メンターの集い 9月30日(土)
・新規メンターの方へのガイダンス 9月30日(土)、12月2日(土)
・メンターカフェ for メンター 2月8日(木)

ページトップへ戻る